イナズマイレブン

【ネタバレ】オリオンの刻印第2話の出来事まとめ

どうも、T(@tzakki0228)です。

今回は、イナイレオリオンの刻印第2話で起こった出来事をまとめました。

※主にネタバレなので注意!

2話タイトルは『失われた最終兵器』

ダラダラと書くのもアレなので、大体見出し3~5つ程でまとめています。

FFIアジア予選第1試合 日本 VS 韓国の試合開始

2話では、FFIアジア予選第1試合 日本 VS 韓国 の試合が開始されます。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

韓国はチーム名が『レッドバイソン』で、『赤い突撃獣』の異名を持った強力な突破力が売りのチーム。

韓国側は火とか突撃にちなんだ技を繰り出してきます。

ちなみにこの時点では、日本と韓国は実力が互角との評価。

韓国戦開始直後に一星が不穏な発言したり、韓国側が“調整”って言う怪しげな言葉を発するのも必見。

強力な突破力(ラフプレー)で日本を苦しめる韓国

韓国は強力な突破力が売りのチームと上で書きましたが、その評価に恥じないプレーを序盤からガンガン多用してきます。

強力な突破力って体のラフプレーを。

相手にタックルかますなんてのは当たり前で、キーパー妨害等も平気でしてきます(スライディングで土煙を巻き起こす)。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

ラフプレーをすることで、相手に冷静な判断をさせないのが目的な模様。

こんな感じで卑怯な手をガンガン多用してくる韓国ですが、一応実力派確かって感じのフォローがちょいちょい入ります

キーパー妨害で止められなかったシュートは妨害がなくても止められなかった発言や、相手が選手にタックルをかましまくったあとに実力は確かだ発言をする等(鬼道さん)。

かなり申し訳程度のフォローですが。

ラフプレーに苦しめられる日本ですが、前回の最後で登場した無敵ヶ原富士丸とサッカー勝負をした5人(明日人、灰崎、氷浦、タツヤ、不動さん)が活躍をします。

無敵ヶ原富士丸は主にラフプレー気味のことをやっていたんですが、それは韓国戦を見越してのことだったようで、そのプレイに慣れた5人はラフプレーをラクラク回避できるようになったって話。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

無敵ヶ原富士丸、有能。

豪炎寺の超強力な必殺技、『ラストリゾート』が炸裂

また、2話ではオリオンの刻印の代名詞とも言えるあの必殺技が登場します。

その技とは、豪炎寺が世界と戦うために編み出した超強力な必殺技の『ラストリゾート』

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

この技を放った瞬間、味方はおろか敵の韓国ですらも、この技はヤバい的な雰囲気を醸し出しました。

灰崎曰く、ラストリゾートの威力はパーフェクトペンギンの優に10倍はあるとのこと。

パーフェクトペンギンが世界でどのくらい通用するのかわかりませんが、優に10倍の威力ってどんだけ強いんだよって話。

また、ラストリゾートは世界クラスの実力者であるクラリオ・オーヴァンが認めた技でもあります。

1話でクラリオがとある日本代表選手の練習を目にして、

「こいつはヤバい」

みたいなことを思った選手とは、豪炎寺のことだったのです。

ラストリゾートが相手ゴールに決まった瞬間、いつもは冷静な豪炎寺も流石に全身を使って喜びを表現しました。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

強力な必殺技であるラストリゾートを放った豪炎寺、怪我で退場

ラストリゾートを放ったことで日本が優勢になるかと思われましたが、そうは問屋が卸しません。

なぜかと言うと、ラストリゾートを放った直後のプレーで、韓国がラフプレーの域を超えた卑劣な作戦に出るからです。

作戦内容は、相手選手の目に光を反射させるというもの。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

豪炎寺が空高くに舞ったボールを取りに行こうとした瞬間、韓国側が何らかの方法(スパイクに仕込んだ鏡)で豪炎寺の目に光を当てます。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

スパイクに鏡なんか仕込んでたら普通割れるだろってツッコミはNG。

そして豪炎寺の目が一瞬眩んだ瞬間を狙って、豪炎寺に怪我をさせました。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

豪炎寺が倒れた直後、韓国選手のラフプレー3人衆の1人が

「ミッションコンプリート」

とつぶやきましたので、わざとであることは確実。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

日本側もアイシング等を試みてはみましたが、豪炎寺の怪我はプレー継続ができないほど深刻だったため、豪炎寺はFFI第1試合にして退場を余儀なくされます。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

倒れた直後は足首付近を押さえていたのに、実際怪我させられた箇所は膝だったの図。

ラストリゾートと言う超強力な必殺技を放つことのできる豪炎寺が抜けるのは、日本側にもかなりの痛手です。

ちなみにですが、豪炎寺が抜けた穴はゴッドストなんちゃらさんが務めます

まとめ

以上が、イナイレオリオンの刻印第2話『失われた最終兵器』であった出来事です。

最後に内容をまとめると、

①FFIアジア予選第1試合 日本 VS 韓国の試合開始
②強力な突破力(ラフプレー)で日本を苦しめる韓国
③豪炎寺の超強力な必殺技、『ラストリゾート』が炸裂
④強力な必殺技であるラストリゾートを放った豪炎寺、怪我で退場

ラストリゾートと言う超強力な必殺技で盛り上げた豪炎寺が、速攻退場するという一種のギャグ回。

ラストリゾートはこの話以降数十話ほど使われることはありませんが、日本代表の中ではやたら持ち上がられる技となります。

要チェック。

他の話も随時紹介していきます。

オリオンの刻印を見るなら断然dアニメストアがオススメ

「オリオンの刻印の最新話を見逃してしまったけど、録画もしてないからどうしよう……」

「オリオンの刻印が見たいけど田舎だからそもそも放映していない……」

と言った方向けに、個人的にオススメの動画配信サービスを紹介させていただきます。

その名もdアニメストア

数ある動画配信サービスの中でも、月額400円(税抜き)とかなりの格安値段となっています。

さらにアニメの配信数も2,900本オーバーと、アニメ好きにとっていいことづくしの動画配信サービス。

※配信数は2019年7月時点の数字です。

僕も3年間程お世話になっておりまして、アニメが好きだって方にはガチでオススメです。

ただアニメ(関連)しか配信されていませんので、アニメ以外も見たいって方にはオススメしません。

こちらから公式サイトへ遷移できます → dアニメストア

以上。

ABOUT ME
だざき
だざき
九州の某田舎に生息している万年若葉マークの底辺ブロガー兼意識低いプログラマー(社畜)。アニメを見ることと食べることが趣味なので、投稿記事はそれらがメイン(の予定)です。