イナズマイレブン

【ネタバレ】オリオンの刻印第3話の出来事まとめ

どうも、Tです。

今回は、イナイレオリオンの刻印第3話で起こった出来事をまとめました。

※主にネタバレなので注意!

3話タイトルは『刻印を持つ者』

ダラダラと書くのもアレなので、大体見出し3~5つ程でまとめています。

豪炎寺の代わりに吉良ヒロトがピッチに立つ展開

前回の話は豪炎寺がラストリゾートという強力な必殺技を放つも、その後速攻韓国に潰されて退場しところで終わりました。

今回はその続きで、豪炎寺の代わりに吉良ヒロトがピッチに立つところから始まります

3話開始時点では1対1の同点から開始しますが、開始早々明日人がゴールを決めました(漁夫の利)。

灰崎と吉良ヒロトが互いに競い合ってゴール前までボールを運ぶも最後韓国にカットされますが、カットされて天高く昇ったボールを明日人がヘディングシュートで決めるといった流れ。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

これ一体何十メートル飛んでるんだってくらい飛びました。

おそらくですが、ツェズゲラさんの垂直跳び記録である16m80cmは抜いてると思います。

そして日本が韓国に勝ち越し点をあげた直後、今度は吉良ヒロトが韓国のターゲットになります

豪炎寺に怪我を負わせた時と同様、靴に仕込んだ鏡で光を反射させて目くらましを狙い、その後タックル等で潰すって戦法。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

しかし吉良ヒロトはこれを読んでいたのか、フィールドの中央で自身の必殺技である『ザ・エクスプロージョン』を使用することでピンチを切り抜けます。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

ザ・エクスプロージョン使用後に韓国側が宙に舞うシーンは完全にギャグ。

韓国のラフプレーが段々と激しさを増し、味方にもラフプレーをする展開に

吉良ヒロトが敵のラフプレーを必殺技で凌いだあと、今度は韓国が攻撃を仕掛けます

まだ日本に破られたことのない韓国の合体必殺技である『特攻バッファロートレイン』で日本のゴールに攻め込み、

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

その後韓国のエース(多分)であるペク・シウが『レッドブレイク』を日本のゴールへ放ちます。

その際、射線上にいた風丸が頭で必殺技を受け止めるという珍プレーも発生

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

これ絶対豪炎寺の怪我よりもダメージ深刻だと思うんですけど、風丸はなんとか無事のようでした。

風丸が吹き飛ばされた際に円堂さんが適切な処置(風神雷神で風丸をキャッチ)をしたおかげですかね。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

ただこの一瞬の隙きを突かれて、韓国に同点ゴールを決められてしまいます

ゴールを決めた後、韓国のキャプテンであるソク・ミンウがペクに対してさっきのシュートは明らかに危険だったと抗議を入れ、その後お前が『刻印の選手』だと知っているといった旨の意味深な発言をします。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

肩に描かれた青色の紋様が最高にセクシー。

3話目にして初めて『刻印』という単語が出ました。

これが何を指すのかってことに関しては、後々出てきますので今回はノータッチ。

今まで韓国は日本に対して数々のラフプレーを行ってきましたが、それらが可愛く思えるくらいの出来事がこのあと発生します(味方による味方潰し)。

刻印の選手だと知っている発言をしたことで、ソクはペクから邪魔な存在だと認識されました。

そしてペクの連れらしき2人と組んでソク潰しを決行します。

潰す方法は至ってシンプル。

靴に仕込んだ鏡で光を反射させるといったこともせず、シンプルに飛び膝蹴りを食らわせるだけ

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

この強力な一撃で、韓国のキャプテンであるソクは撃沈します。

おそらく骨の1本や2本は確実に折れているであろう一撃。

ラフプレーってなんだっけ……?

ちなみにですが、ソク退場後に灰崎と吉良ヒロトの合体必殺技が炸裂し、日本が勝利して試合は終了しました。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

日本代表に迫る不穏な影(一星充)

FFIアジア予選第一試合は日本の勝利で終わりましたが、その代償として日本は豪炎寺が抜けるという痛手を負うことになりました。

豪炎寺が韓国に負わされた怪我は、いつ治るかわからないほど重症です。

いくら強力な必殺技を持っていても、いざという時使えないなら意味はないですよね(無慈悲)。

ちなみに試合終了後は、ゴーレムこと岩戸高志が謎の人物と文通したりだとか、

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

新キャラクターの一星充がなにやら不穏な動きをしたりだとか、

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

刻印の選手である韓国代表のペクが黒服に連行されたりだとか、

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

趙金雲が実はオリオン財団とつながりがあったとかって話があります(雑なまとめ)。

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

試合後にいろいろ詰め込みすぎなんですよねぇ……

あと、

(C)LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京より引用

 

実は一星も刻印の選手でした

まとめ

以上が、イナイレオリオンの刻印第3話『刻印を持つ者』であった出来事です。

最後に内容をまとめると、

①豪炎寺の代わりに吉良ヒロトがピッチに立つ展開
②韓国のラフプレーが段々と激しさを増し、味方にもラフプレーをする展開に(最終的な試合結果は日本の勝利)
③日本代表に迫る不穏な影(一星充)

韓国が味方同士で潰し合うというそれだけでもお腹いっぱいな展開でしたが、最後に実は〇〇が〇〇だったみたいな感じで色々と詰め込みすぎて吐きそうなレベルまで到達してます。

お腹が苦しい。

それにしても、まさか一星が刻印の選手だったとは思いもよりませんでした(棒読み)。

今後一星がなにを仕掛けてくるのか見ものですね。

他の話も随時紹介していきます。

オリオンの刻印を見るなら断然dアニメストアがオススメ

「オリオンの刻印の最新話を見逃してしまったけど、録画もしてないからどうしよう……」

「オリオンの刻印が見たいけど田舎だからそもそも放映していない……」

と言った方向けに、個人的にオススメの動画配信サービスを紹介させていただきます。

その名もdアニメストア

数ある動画配信サービスの中でも、月額400円(税抜き)とかなりの格安値段となっています。

さらにアニメの配信数も2,900本オーバーと、アニメ好きにとっていいことづくしの動画配信サービス。

※配信数は2019年7月時点の数字です。

僕も3年間程お世話になっておりまして、アニメが好きだって方にはガチでオススメです。

ただアニメ(関連)しか配信されていませんので、アニメ以外も見たいって方にはオススメしません。

こちらから公式サイトへ遷移できます → dアニメストア

以上。

ABOUT ME
だざき
だざき
九州の某田舎に生息している万年若葉マークの底辺ブロガー兼意識低いプログラマー(社畜)。アニメを見ることと食べることが趣味なので、投稿記事はそれらがメイン(の予定)です。