地球防衛軍

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフハード攻略M31~M35【レンジャー】

※本記事は「ディースリー・パブリッシャーの著作物における配信ガイドライン」および「地球防衛軍6の配信ガイドライン」を遵守します。
※画像著作権元『©2022 SANDLOT ©2022 D3PUBLISHER』
※リンク→生放送、プレイ動画・静止画の利用に関するガイドライン

 

どうも、だざき(@tzakki0228)です。

前回に引き続き、EDF6の難易度ハード兵科レンジャーで攻略した時の記録記事を書いていきます。

前回記事↓

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフラインハード攻略M26~M30【レンジャー】※本記事は「ディースリー・パブリッシャーの著作物における配信ガイドライン」および「地球防衛軍6の配信ガイドライン」を遵守します。 ※画...

今回はM31~M35まで。

M31. マザーの領域

M31. マザーの領域。

マザーモンスターが市街地に侵入。そのエリアから多数の卵が発見されています。
怪物は地球環境に適応しつつあり、しだいに繁殖力を強めているようです。このままでは周辺が怪物で埋め尽くされるのも時間の問題です。早急に駆除を開始してください。

白蟻赤蟻の卵、そして3匹のマザーを駆除するミッションです。

ひゅー。

ここに来てマザー3匹、きついですね~。

本ミッションではショットガンは必須、あとは無難にアサルトとかでいいと思います。

おすすめは火力がめっちゃ高いスラッグショット2。

基本的には端っこの卵を地道に処理しつつ、マザーに近づいたらもう速攻で倒すべく撃ちながら近づいて最後はショットガンをドン、これです。

スラッグショットが強い。

各マザーは基本それぞれが干渉しない位置にいますので、マザー2匹を同時に相手取るなんてことはまずないと思います。

多分。

僕は左側から攻めていきました。

マザーの攻撃は撃つのみたあとでローリング横回避すれば大体避けられます。

かすったりしてちょっとダメージを喰らう事もしばしばありますが、ローリング横回避してれば全部喰らって即敗北なんてことにはならないはず。

で。

あとは逃げる場所にも気を付けましょう。

マザーや白蟻の攻撃を回避するのに夢中になって、もう一方のマザーがいる方向へ~なんて事になったらもうそれは敗北者まっしぐらです。

そこだけは注意が必要ですかね。

あと卵は都度破壊していった方が後楽になっていいかもです。

M32. 温泉郷の秘密

M32. 温泉郷の秘密。

エイリアンの一団が確認されました。エイリアンは、湯治の里として知られる山間の温泉街を占拠。街を拠点として守りを固めているようです。
不思議なことに、エイリアンは疲弊しており、武装も貧弱です。
エイリアンの目的は不明ですが、このまま放置するわけにはいきません。
地元出身の兵士が先導します。山道の抜け道から温泉街に進入。エイリアンを殲滅してください。

元気がないカエル複数体と戦うミッションです。

最初にいる3体、これはもう特に問題なく処理できるでしょう。

問題は増援分の奴ら。

カエルの増援は最初前方山の奥からやってきて、その後ある程度数減らしたら左右の山からも追加でやってきます。

結構な数がいますので割りと厄介。

あいつらの攻撃飛距離長くて、山の奥からでもなんか普通に届くんですよね。

なので棒立ち状態だったらバンバン喰らってエグい程アーマー削れてしまいます。

僕は最初ショットガン担いで接近戦するつもりで臨みましたが、物量に押されて普通に敗北しました。

その後は反省を活かしてスナイパーライフル(ファング)を担いで、遠距離からヘッショ決めまくって戦う戦法で無事勝利。

気持ちいい~。

あいつらの動きは早くないのでヘッショ決めやすいです。

このミッションは断然スナイパーライフル。

M33. 翼の軍団

M33. 翼の軍団。

エイリアンとの市街戦は、我が軍が優勢です。戦闘は今も継続中ですが、勝利も時間の問題だと思われます。
現地に到着し次第、戦闘に参加してください。

重装甲のカエル、そして空飛ぶカエルことタッドポールを処理するミッションです。

重装甲のカエルは味方の戦車とかがガンガン倒してくれますので、こっちは適当にアサルト撃ちつつ援護するって感じの流れでいけます。

問題はタッドポール。

こいつらは普通に戦ってたら物量で押されてやられてしまうくらいには厄介な敵さんです。

炎吐くは噛みつくは、物量で攻めてくるはでもう散々ですよ!

3回くらい増援でやってくるのでかなりの数相手にしないといけません。

ですが。

レンジャーにはとても心強い味方、ミサイルランチャーのMLRAくんがいます。

彼(彼女?)はいいですよ。

弾数が多くてリロードも早い、ついでに弾速も多くて大量の敵を一気に攻撃出来ますので、こういったタッドポールみたいな相手にはメチャクチャ刺さります。

空中で飛ぶタッドポールに当てると吹っ飛びますのでそのまま時間稼ぎつつ、射程距離に入ってきたタッドポールに何度も何度もぶち当てるだけで楽に対処が可能です。

大型の敵とかがいない、かつ飛行型ばっかり敵が出るミッションにはとても有効な武器、それがMLRA!

基本的にはMLRAを撃ってタッドポールを処理しつつ、味方をエリアルリバーサーで回復させながら囮として頑張ってもらういつものゴリ押し作戦でこのミッションも突破出来ました。

M34. 海辺の巨塔

M34. 海辺の巨塔。

海上を進んでいた新型船団が進路を変えました。上陸地点にアンカーを投下するものと思われます。
一か所に集中的にアンカーを投下。多数の怪物によって守られた転送拠点を構築する戦術です。
怪物の転送が進む前に、アンカーを破壊する必要があります。

白蟻・蜘蛛・蜂・コスモノーツに加え、数本の新型アンカーをぶっ壊すミッションです。

出たな新型アンカー!

とりあえずやることとしましては、残して置くと一番厄介と言っても過言ではないコスモノーツ。

奴らを処理するのが最優先です。

いくらアサルト持ちとは言え後ろからどんどん攻撃でもされようものなら普通にピンチ。

とりあえずスナイパーライフルでヘッショ狙ったり、近づいてのゴリ押し狙ったりで何とか目につくコスモノーツは処理しましょう。

無事コスモノーツを処理できましたら、あとはもう普通に新型アンカーを破壊しつつ雑魚を処理しつつ、です。

新型アンカーはファング2発とアサルトちょっとくらいで壊れた気がしますので、多分2,500~3,000くらいの耐久値があると思われます。

それが数本。

嫌になっちゃうぜ!

新型アンカーの処理順ですが、無難に近場にある新型アンカーから処理する、って流れでいいと思います。

新型アンカーの近くにいる敵はこっちからちょっかいかけなければ何もしてきませんので、なるべくその辺意識しながら戦うのがベスト。

アーマーがやばくなったらエリアルリバーサー。

一発で行けたのでそこまで苦戦した印象はないミッションです。

M35. 崩れゆく街

M35. 崩れゆく街。

プライマーの大攻勢が開始されました。すでにEDFは壊滅状態ですが……それでも人々のため、この星のため、我々は戦い続けなければなりません。
プライマーの集結地点に接近し、奇襲攻撃をおこないます。市街地を抜け、目標ポイントに向かってください。

敵が新種の怪物を投入した、という情報があります。道中、警戒を怠らないようにしてください。

動きが超速い緑蟻が登場するミッションです。

地味に面倒くさいですよね、緑蟻。

本ミッションは5回くらい敵がやってきますので、かなり忙しない戦いを強いられます。

最初はマップ開始左側から、続いて右側、もう一回最初の位置から、マップ開始位置から見て右側の2箇所から、そして最後にその反対側からといった感じで。

もうとにかく数が多いです。

味方の数もメチャクチャ多いわけじゃないですので、武器の選択がかなり重要ですね。

とりあえず個人的にはアサルトライフル、そしてスラッグショット(ショットガン)がオススメです。

最初は無難に火砲で行ったんですけど、やっぱ育ってない武器とかって事もあり普通に物量で押されて負けました。

やはり戦は数が正義か。

火砲で燃やし尽くす作戦はリバースシューターみたいな、相手を吹き飛ばせてさらに回復も出来る武器があってこその作戦ですよ。

なのでもう普通にスラッグショットで敵をまとめてぶっ飛ばしつつ、リロードする時こまめに武器切り替えしながらアサルトライフルで敵を処理しつつする作戦で臨みました。

作戦?

あとは味方にも生きててもらわないと非常に困りますので、適宜エリアルリバーサーを地面に叩きつけて味方を回復しつつ自分も回復するのも忘れずに。

エリアルリバーサーは回復速度自体はそんなでもないですが、1分くらい効果が持続するのでこういう戦闘ではホント活躍します。

エリアルリバーサー最強!

最後完全に油断して4波で終わりと思ってたら5波が来て焦ったりもしましたが、4波の終わりくらいから数人の味方も到着したので彼ら彼女らを囮にしながら何とか突破。

普通に苦戦したミッションでした。

EDF5では稼ぎミッションという事で何度か行ったことあるはずなんですけど、それでもこのミッションはやっぱきついと再認識しましたね。

ここで稼ぐのは普通に辛くないですか。

ウィングダイバーだったらもうちょい楽に行けた説。

おわり

EDF6の難易度ハード兵科レンジャーでの攻略した時の記録記事(その7)、はこれで終わりです。

今回やった5ミッションは割りと辛酸を舐めさせられましたが、各ミッションともそこまで時間かかるミッションではないので実プレイ時間的には1時間~1時間30分とかだったと思います。

多分緑蟻戦が一番苦戦しましたね。

あいつらハードの動きじゃないよ。

タッドポールという厄介な敵も登場しましたが、まぁ言うてハードですし。

多分大丈夫でしょう。

EDF5ではだいぶ嫌いな敵でしたが、EDF6は5よりもさらに敵が追加されているのでそこまで出番ないって僕、信じてる。

とりあえずファング、スラッグショット、エリアルリバーサーの3つがとにかく強いですね。

やはり火力は正義。

はい。

というわけで本記事はこれで終わりです。

では。

以上。

EDF6の他記事リンク

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフラインハード攻略M1~M5【レンジャー】

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフラインハード攻略M6~M10【レンジャー】

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフラインハード攻略M11~M15【レンジャー】

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフラインハード攻略M16~M20【レンジャー】

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフラインハード攻略M21~M25【レンジャー】

【EDF6】アラサー男性の地球防衛軍6オフラインハード攻略M26~M30【レンジャー】

ABOUT ME
だざき
アニメのこととかゲームのこととか趣味に関連する内容を主に書いてる趣味ブロガーです。たまに真面目な話も書いたり書かなかったり。