私見

もしかしたら、僕は恋をしたことがないのかもしれない

どうも、だざきです。

今回は割とアレなテーマ。

恋についてちょっとね。

話していこうかなと思ってまして。

ヘヘッ。

私事ですけど、僕あと数年で30歳になるんですよ。

30ですよ30。

三十路。

アラサー(?)。

お兄さんからおじさんに変わる瞬間。

最近はそうでもないのかもしれませんが、30歳にもなると結構みんな”結婚”とかしますよね。

結婚するまではいかないでも、多少なりとは意識すると思います。

というか親がね……

いろいろ言ってきますよね。

誰かいい人いないの? みたいなね。

いい人ってなに!?

で、結婚と言えばまず好きな人と付き合い、なんやかんや時を経て結婚する。

ってのが、まぁオーソドックスな流れなんじゃないかと思います。

そんで好きな人付き合うってことは、まず”恋”をするってフェーズが挟まるんじゃないかと。

思いまして。

恋。

マイアヒ。

恋についてgoo辞書で意味を調べると、こう書かれています。

特定の人に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。恋愛。「恋に落ちる」「恋に破れる」

goo辞書より引用

恋に落ちると破れるが同じ例として書かれてるのなんか違和感ありますが。

まぁつまりは、特定の相手に強い好意を寄せる的な感じですかね。

恋は。

うん。

で、ここからが本題です。

実はですね。

僕、恋したことがないんじゃないかなって。

最近思うようになりまして。

ヘヘッ。

いや、可愛いなーって思う異性はいましたよ。

そこは当然。

でもその異性と付き合いたいと強く思ったり、相手のことを考えると胸が苦しくなる的なやつ感じたことない気がするんですよ。

自分から相手にアプローチしたりとか、告白したりするってことは今まで一度たりともしたことがありません。

しようと思ったこともありません。

「振られて周りに言いふらされたら嫌だな」

って思いが強かったので。

自分からアタックする的なことは一切しませんでした。

つまり自分可愛さにアッピルとかできなかったってことです。

チキンと言われても仕方がありません。

鶏肉。

僕はせせりが好きです。

こんな感じで自分可愛さに恋したことがない疑惑のある僕ですが、本当に恋したことないのかってのをちょっと振り返ってみようかなって。

思ってまして。

とりあえず幼稚園~高校生くらいまでをかるーく振り返ってみようかなと。

というわけでさっそく、まずは幼稚園編から。

幼稚園での恋(?)

正直幼稚園の頃の記憶はほとんどないです。

流石に20年くらい前の話は覚えていられない。

唯一覚えていることと言えば、階段を少し上った辺りで誰かに突き落とされたってことだけですかね。

顔も名前も覚えていない、人を突き落としておいてヘラヘラ笑っていたあいつ。

マジで許さん!!

幼稚園の頃の話は親づてに聞いた話になるんですけど、なんでも僕彼女的な異性がいたって話でして。

一切記憶にないんで真偽のほどはわからないですが。

親の話では結構ラブラブだったとかなんとか。

マジで一切覚えてないんですけどね。

なんで覚えてないんでしょうね。

こんな大事なこと。

もしこの話が本当なら、僕は恋をしたことがあるってことになります。

しかし僕は覚えていません

中学校に上がったタイミングくらいで親にこの話をされるまで忘れていたくらいです。

忘れたくらいというかそもそも思い出してすらないんですけども。

「覚えていない = 恋をしたと証明できない」

なので幼稚園の頃の話はノーカンとします。

はい。

次は小学校編です。

小学校での恋(?)

僕が通っていた小学校は、1クラス10~20人程度の小さな学校でした。

そんで各学年1クラスしかありません。

全校生徒は多いときで100人~、少ない時は100人切っていたと思います。

まぁ田舎だったのでこんなもんかなと。

なので必然1~6年生になるまで、ずーっと同じメンツと過ごすことになります。

仲が悪くなろうものなら悲惨ですよこんなの。

僕の学年は大体男女半々くらいでして、その内特に可愛い女の子が2人くらいいたんですよね。

男子連中は2人の内のどっちかを好きになる的な感じでした。

僕も例に漏れず、その2人の内の片方が好きというか可愛いなーって思っていた記憶があります。

問題はこれが恋がどうかって点です。

小学生時代の僕は、家に帰ってすぐゲームをするために宿題を学校で終わらせるような少年でした。

放課後みんなで遊ぼうってなっても、

「家帰ってゲームするからパス」

的なことを言って帰る。

そんなぼっちムーブをしてたんですよね。

なのでクラス間でやってた交換日記的なのからもハブられるという始末。

ハハッ。

ハハッ……

ここでもっとコミュニケーションとってたら違う人生歩めてたかなと思うと、なんとも悲しくなってきます。

まぁそんな感じでぼっちムーブを決めていた僕ですが、放課後遊ぶってなったら当然可愛いと思っていた女の子とも遊べるってことです。

やってた遊びと言えばケイドロとか縄跳びとかそんな感じの遊びでした。

なんか缶蹴り的な遊びもしてたんですけど名前覚えてないんですよね。

缶の代わりに壁にタッチしたらOK的な遊び。

まぁそれは置いておいて。

ケイドロなんて触れ合いの遊びじゃないですか。

ワンチャン可愛いと思ってる女の子と触れ合えたりするじゃないですか。

だってタッチとかするわけですし。

でも僕はそれをせずに、ゲームを選びました

放課後みんなと遊び、あわよくば可愛いと思っている女の子と触れ合える機会を捨て、家に帰ってポケモンとかやったりすることを選んだのです。

つまり、

「ゲーム > 可愛いと思ってる女の子」

ということになります。

これはもう恋してねーなと。

これで恋してるとかほざこうものならぶっ飛ばされるなと。

むしろゲームに恋をしていたんじゃないか。

僕はそう思うわけですよ。

つまり小学生時代も恋はしていないという結論になります。

はい次。

中学校編入りまーす。

中学校での恋(?)

中学校は各地区の生徒が集まる感じでしたので、人数は結構多かったです。

大体1クラスが40人いない程度で、クラスは全部で5クラス程あったと記憶しています。

僕が通っていた小学校と比べたら実に20倍近い生徒数。

そして僕は隣のクラスの女の子に恋(?)をします。

そして問題はこれが恋かどうかということ

僕はその隣のクラスの女の子を確かに可愛いと思っていました

当時やっていたゲームに好きな女の子の名前をつけたりもしました

えぇ。

今思い返すとメチャクチャ気持ち悪いんですけどね。

でもみんなやりましたよね?

ね?

ゲームの主人公は自分の名前、ヒロインは気になってる女の子の名前、仲間は友人の名前

設定しましたよね?

え?

してない?

ウゾダドンドコドーン!

で、なんやかんや時は経ち、3年時には晴れてその可愛いと思っていた女の子と同じクラスになったりもできました。

まぁ会話すらほとんどしてないんですけどね。

そんでその可愛いと思っていた女の子は、結構いろいろな男子と付き合っては別れを繰り返していた感じでして。

僕の小学生時代の同級生とも付き合い、一緒に帰ってるところを目撃なんかもしちゃったりして。

友人にお前の好きな女の子、〇〇と一緒に帰ってたぞなんてことも言われちゃったりして。

へへへッ。

知ってる。

でも、その現場を目撃しても特になんとも思わなかったんですよね。

悔しいだとか悲しいだとか。

1mmも思わなかったとまではいいませんが。

まぁ可愛いしね。

仕方ないよね。

ってくらいのもんでした。

はい、ここで問題です。

果たしてこれは恋していたと言えるのか否か

気になっていた女の子が別の誰かと付き合ってる現場を目撃したのにも関わらず、特になんとも思わないのは果たして恋かどうか?

僕は恋ではないと思います。

単純に可愛いと思う女の子を可愛いと思っていただけ。

そう。

goo辞書さんもこれは恋じゃなーなと言うでしょう。

おそらく。

ちなみに中学校編でも基本ゲームに夢中でした。

あの当時はモンハンが熱かった

特に2ndが。

ティガレックスに苦戦した記憶あります。

土曜日とかになったら友人の家に朝9時頃訪問し、そのまま夕方の5時とかまでノンストップで狩りをする程度には夢中でした。

午後になると充電も減ってくるので、充電器さしっぱでプレイしていた思い出。

やっぱゲームしかしてない。

というわけで中学校編でも僕は恋をしていない、という結論になります。

ここまで恋なし。

次はいよいよラストの高校編です。

さぁどうなるのでしょうか。

私、気になります!

高校での恋(?)

いよいよラストの高校編に入ります。

高校は地元の高校に進みまして。

その高校は1クラス40人程度で、合計6クラスありました。

中学校よりちょっと人数が多かったです。

そんで別の市町村からも人が集まっていたので、各クラスの半数以上は知らないメンツで構成されていました。

知らない顔ぶれが集まるということは恋も新しくなるというわけで。

はい。

僕は別クラスの女の子可愛いなーと思うようになりました。

こいついっつも女の子可愛いと思ってんな。

しかし。

しかしですよ?

僕はその女の子と話したことは1度たりともありません

僕は専門科目のクラスで、その女の子は普通科目のクラスに在籍していました。

なのでどうあがいても同じクラスになることはありません。

選択科目的なのでも同じクラスになったことはない、はずです。

そして部活も全然違う部活でした。

そもそも彼女が何部かも知らない。

なのでその女の子とお近づきになるには、自分または相手からコミュニケーションを取るしかないわけです。

でもここまで読んでいただけたかたならわかるかと思いますが、僕は結構なコミュ障

とてもじゃないですけど自分から知らない女の子に話しかける、そんなことはできません。

仮に話しかけられたとしても上手く話せないと思います。

上手く話せない自信ならあります(ドヤァ)。

そして僕は、その可愛いと思っていた女の子とは一言たりとも話すことなく卒業してしまいました。

そしてその女の子の名前を卒業アルバムで初めて知りました

彼女は僕の存在すら知らないと思います。

えぇ。

もう考えるまでもありません。

高校編。

恋してません

小学校編、中学校編に引き続きゲームばっかりしてました

当時はモンハン3rdが熱かった

あとモンハンフロンティア

フロンティアは僕以外誰もやってませんでしたけど。

3rdが出た辺りとかガッツリ人口減ってましたね。

部活終わって6時付近に帰宅し、すぐ飯と風呂を済ませてモンハンフロンティアをやる、という生活が数ヶ月続きました。

だいたい19時~0時頃までガッツリやって就寝するって流れ。

睡眠時間を削ってまでゲームをするような狂人ではなかったです。

土日はラヴィエンテ狩りに精を出していた記憶。

結局ゲームしかやっていません。

高校編でも恋はなし。

その後の専門学校編とか社会人編とかもありますが、今まで以上に女っ気がない環境だったので恋なんてする余地もありませんでした。

結論:(多分)僕は恋をしたことがない

結論に入ります。

(多分)僕は恋をしたことがありません

幼稚園編とか怪しいのでなんとも言えないんですけど。

そう結論づけることにします。

恋を知らない男。

恋を知らない悲しい男。

ゲームにかまけて恋をしなかった男。

なんていうか……

今思い返してもアレですね。

酷いですね。

ゲームばっかしすぎなんだよなぁ。

学生時代の僕。

基本平日は2~3時間以上、休日は6時間とかは最低でもやっていたはずです。

この時間を勉強だとか恋だとかスポーツだとかに充てていれば、今の現状も変わっていたんですかね……

わかりませんが。

後悔先に立たず

この記事を最後まで読んでくれた方。

ありがとうございます。

そしてもしもまだ学生で、僕と同じような人生を歩んでいるという方。

いるかわかりませんが。

悪いことは言いません。

もっと自分の趣味以外にも目を向けましょう

でないと僕みたいなのなってしまう可能性があります。

趣味に没頭するのが悪いとはいいません。

元に僕はそんな状況ですし。

ただ趣味以外、自分が興味あること以外にも多少は目を向けた方がいいんじゃないかなと。

僕は思います。

失敗したという経験から。

今の僕がやってることと言えば誰とも遊んだりすることなく、家でブログ書いたりゲームしたりという生活ですよ。

仕事以外は。

そもそも友人連中がみんな東京とか他の都道府県に行ってるから遊ぶ人……いない。

年末会って飲食からのカラオケに行くくらい。

運動は踏み台やってますけど、それも家から出はしないですからね。

家から出る時は仕事か飯買ったり食ったりする時くらい。

基本家にいます。

これが悪い人生とまでは言いません。

が良い人生でもないです。

無理に恋したりとかする必要もないとは思います。

思いますが。

学生という異性とかが周りにいる可能性が高い環境。

恋しやすい環境。

利用しない手はありません。

でないと大人になった時、僕みたいな拗らせ人間になってしまいます

なりたくないでしょ?

こんな大人。

僕もなりたくはなかったよ……

すでに僕と同じように学生じゃないという方。

その、非常に残念ですが……

……

とまぁ。

こんな感じで。

ちょっといい感じのことも言っちゃたりしながら。

この記事は終わりとします。

以上。

ABOUT ME
だざき
だざき
底辺趣味ブロガー。毒にも薬にもならない記事を書いていきたいです(願望)。