食事

マックの『超グラコロ』と『濃グラコロ チーズフォンデュ』を食べてみた感想

どうも、Tです。

唐突ですが、最近マックに寄る機会がありました。

そして現在は冬ということで定番の『グラコロ』が販売されています。

【マック】グラコロのページ

というわけで、今回はグラコロを食べた感想を書くよって記事です。

入りがとても雑。

今回のグラコロは二種類あるようですね。

『超グラコロ』『濃グラコロ チーズフォンデュ』

とりあえず二つとも食べてみました。

グラコロ食べるのなんて多分数年ぶり。

『超グラコロ』の感想

まずは『超グラコロ』の情報から。

冬の風物詩ともいえるロングセラー商品の「グラコロ」。よりリッチな味わいに生まれ変わり進化して2016年より新たな定番となった「超(ちょう)グラコロ」が、今年も期間限定で登場します。
クリーミーなホワイトソースに相性抜群のえびとマカロニを加え、外はサクサク、中はとろとろのグラタンコロッケに、生クリームとバターがプラスされたふわふわ蒸しバンズ、スパイス感が特徴的な芳醇な味わいの特製コロッケソース、コクのある濃厚たまごソースが決め手の、冬にぴったりな一品です。

公式から引用。

お値段は単品340円バリューセット640円です。

他にもコンビ(朝マック)400円、バリューセット(朝マック)540円なるものもある模様(よく知らない)。

見た目はこんな感じ。

正直ここだけならあまり美味しそうには見えないです。

まぁ見た目が美味しくなさそうでも味が良ければ問題なし、ってことで実食。

とてつもなく微妙な味。

グラコロってこんなんだっけ? ってのが食べて最初に思った感想です。

上にソースがかかっていますが滅茶苦茶濃い味ってわけではなく、どちらかと言うと薄く感じる味付け

もっとジャンク感あふれる方が好みなのでコレはリピートなし。

コロッケはサクサクしています。

『濃グラコロ チーズフォンデュ』の感想

まずは『濃グラコロ チーズフォンデュ』の情報から。

今年は新商品の「濃(のう)グラコロ チーズフォンデュ」が期間限定で登場します。
クリーミーなホワイトソースに相性抜群のえびとマカロニを加え、外はサクサク、中はとろとろのグラタンコロッケに、パルメザンチーズと旨味あるベーコンに隠し味の白ワインを加え、濃厚で風味豊かなチーズフォンデュをイメージしたソースを合わせました。
口の中で生クリームとバターがプラスされたふわふわ蒸しバンズの香りと食欲をそそるチーズフォンデュソースの香りに満たされ、冬にぴったりな一品です。

公式から引用。

お値段は単品390円バリューセット690円です。

『超グラコロ』よりも50円程高い模様。

こっちは今年発売の新商品なんですね。

見た目はこんな感じ。

ここだけなら『超グラコロ』との差が分からない見た目です。

まぁ問題は味よ。

チーズフォンデュとは一体? って感じの味。

どっちかと言うとパスタのカルボナーラとか言われたほうがまだ納得できたかもしれません。

あっちもベーコンとかチーズとか入ってますし。

何か他の商品で味を表現するなら、コンビニに売ってるブリトー(トルティーヤっぽい奴)のチーズとハムとか入ってる奴の味が近いかもしれません。

まぁ僕の味覚はアレなんであてにならない可能性大ですが。

まとめ

正直な話、どっちとも個人的には微妙でした。

『超グラコロ』よりは『濃グラコロ チーズフォンデュ』のがまだ良かったかなって印象です。

まぁどちらもリピートはない。

正直このグラコロズを食べるなら、僕は夜マックのダブチーを食べるかテリヤキ食べます。

圧倒的ジャンク感不足。

冬にこれ食ったら旨さ倍付けってわけでもなかったですし。

まだ食べてないけどこれから食べようかなって思ってる人で、僕と同じような味覚(テリヤキとか濃いめが好き)の人には多分合わないと思うので、そういう人たちにはオススメできないです。

以上。

ABOUT ME
だざき
だざき
九州の某田舎に生息している万年若葉マークの底辺ブロガー兼意識低いプログラマー(社畜)。アニメを見ることと食べることが趣味なので、投稿記事はそれらがメイン(の予定)です。