シャニマス

【小宮果穂】アラサー男性がシャニマスを攻略していく記事【W.I.N.G決勝敗退】

どうも、だざき(@tzakki0228)です。

シャニマスのプレイ結果記事第2弾ということで、前の記事に書いた通り今回は『小宮果穂ちゃん』でW.I.N.Gのビギナーモードをプレイしました。

アラサー男性が初めてシャニマスをプレイした結果【大崎甜花編】どうも、だざき(@tzakki0228)です。 4ヶ月ぶりくらいになる記事更新ですので一応こう言っておきましょう。 ...

一応現時点での大本命ということで、1回目よりはだいぶ気合を入れてプレイしましたよ。

ないよ、チケットないよぉ!!

結果はW.I.N.G決勝敗退ですッ!!

肝心の結果なんですが。

なんとッ!

W.I.N.G決勝敗退ッッ!!

申し訳なさがすごい

 

ですッッッ!!!

あああああああああああああああああ!!!

果穂ちゃん……ごめんよ……

 

このゲームもしかして結構難しい説ありますかね?

いや僕が下手なだけか???

前回の反省点をちょいちょい活かして、今回は明らかに前よりは上手く立ち回れたと思います。

「あっこんなのあるんだ」

って個人的には結構重要そうな気付きもありましたし。

気付きは後述。

 

がしかしそれでもW.I.N.G決勝敗退です。

前回よりはワンランク上のステージいけたので成長してる感は若干あったりなかったり。

まぁまだ2回目なんですけども。

果穂ちゃんの悲しむ顔が見たくなくて持ってたコンティニューチケット全部ぶち込んだんですけど、それでも僕の力が足りずに決勝敗退という結果になりました。

あのアイテムの重要度がどんなものかは分かりませんが、果穂ちゃんの悲しむ顔に比べたら大したことないでしょうよ(なお結果は敗退)。

ビギナーとノーマルに如何ほどの差があるのかは分かりませんが、単純に1.5倍くらいは難しいだろうとした場合かなり苦戦しそうな予感がしますよこいつは。

オーディションって1個だけじゃないんだ、という気付き

で今回やってて気付いたんですけど、参加可能なオーディションって1個だけじゃないんですね。

右側にまだ何個かあって驚きました。

こういう大事なことは先に言ってくださいよ~。

もしかして僕、(説明)見逃しちゃってました?

でも一番左側のオーディションだけやっていってもAランクとかSランクのファン数には届かないと思うので、ランクが上のオーディションがあると考えるのがごく普通と言えなくもないッ!!

 

これはアレですね。

難易度は上がるんでしょうけど、この右側にあるオーディションとかをやっていってファンをより効率的に増やした方がおそらくいいのでしょうね。

体感序盤であればある程オーディションの難易度明らかに低い気がするので、序盤に最低限のレッスンをした後オーディションやりまくってから多少の余裕を持たせて進めていった方がいい感じな気がします。

そっちのがスケジュールに余裕が出来ていい感じでさぁ。

目押しが安定しないのはとりあえず致し方なし

このシャニマスというゲームはオーディションの結果がクッソ大事っぽいので、そのオーディションで発生する目押しという作業はとても重要でしょう。

Perfect取れてたらワンチャンって場面もしばしば

 

でもサラッと触ってみた感じなかなかに難しいですよこれは。

なんかサクッと練習できる場所みたいなのはないものでしょうか。

フェスか?

フェスをやり込むべきなのか?

 

まただこの目押しは練習である程度はなんとかなりそうな気がしなくもありませんので、もうやっていくしかない感じですかね。

とりあえず今出来ないのは致し方なしッ!

個人的には最初のメンタルMAX状態の奴よりも、ちょっとメンタル削れた状態の方が若干やりやすい感あります。

幅はMAXの方が当然広いので本来は絶対MAXのがやりやすいはずなんですけど、一番最後に配置されてるのバーって何か苦手意識があるんですよね。

なぜかは分かりませんが、途中に配置してもらってる方がなんかちょっとやりやすいです。

小宮果穂ちゃん、彼女はやはり可愛かった……

ここからは小宮果穂ちゃんをプロデュースしてみた結果の感想になりますが、やはりと言いいますか何と言いますか。

やはり彼女はとても可愛いですね。

僕の目に狂いはなかった。

挨拶が元気な娘は可愛いというのは世界共通認識でさぁ。

かわいい

 

当然コミュを全部見れたとかそういう事はないのでアレなんですけど、一部を見ただけでも彼女のほとばしる笑顔や元気さは分かります。

もうとても良い、としか言えません。

時たま見せる目の輝きとかもすごい良い。

 

あとアレです。

学校で作ったクッキーを渡すイベントの際

「あたしの1番大切な人はプロデューサーさんですっ」

果穂ちゃああああああああああああん!!!

 

って言われた時の胸キュン度。

やばかったですね。

あの胸キュンは今年一と言っても過言ではないッ!!

まったく、小学生は最高だぜ!!

 

だからこそ、W.I.N.G決勝敗退で彼女の笑顔を曇らせてしまった時の罪悪感、アレは半端ないものがありました。

僕は悲しむ彼女を見たくない……ッ!!

彼女は悲しそうな表情もかわいいですよね……(闇堕ち)

 

W.I.N.G決勝では特化させてたVoが流行だったので、上手く目押し決めたりちゃんと立ち回れてたら絶対いけたと思うんですよね。

あれはまだ運とかの領域じゃなくて、完全に僕の技術と知識が足りなかった故の敗北と言えましょう。

ごめん……ごめんよ果穂ちゃん……

次はぜひともリベンジを果たしたい、いや果たさないといけないです。

次回、小宮果穂ちゃんリベンジ編……ではなく別のキャラやります

次回、小宮果穂ちゃんでのW.I.N.Gリベンジをやりますッ!!

……と言いたいとこなんですけど、今やってるイベントとかフェスのキャラをとりあえず5人揃えたいとか諸々の理由で、とりあえず5人くらいはプロデュースしたいと思ってまして。

なので即リベンジではなく一旦別キャラのプロデュースをしていきます。

とりあえず最低あと3人はやっておきたいですね。

フェスの重要性が如何ほどかは分かりませんが、やらないよりは絶対やった方がいいやつだと思うのでとりあえずやるべし。

 

イベント報酬を貰うという点においては対象になってる娘をやっていくのがおそらく最効率なのでしょうが、この記事書いてる時点で対象じゃないキャラでプロデュースしてしまったので、次回はとりあえずその娘のプロデュース結果を書いていきたいと思います。

プロデュースしたのは放課後クライマックスガールズの誰か、です。

というわけで、ではまた別の記事で。

以上。

 

ABOUT ME
だざき
アニメのこととかゲームのこととか趣味に関連する内容を主に書いてる趣味ブロガーです。たまに真面目な話も書いたり書かなかったり。