シャニマス

アラサー男性が初めてシャニマスをプレイした結果【大崎甜花編】

どうも、だざき(@tzakki0228)です。

 

4ヶ月ぶりくらいになる記事更新ですので一応こう言っておきましょう。

お久しぶりです、と。

いくら趣味ブログとは言え、この更新頻度はどうなんでしょうかね。

もはや趣味ブロガーとは名乗れないレベルの体たらく。

まぁ僕の個人的な話は置いておきまして、別の個人的な話をさせてください。

話の内容はタイトルに書いてある通りの内容です。

今年に入ってからシャニマスを始めたんです僕

実は僕。

今年の4月に入ってから『アイドルマスターシャイニーカラーズ』、通称『シャニマス』というゲームを始めました。

とは言いましても今までやった事と言えば無料ガチャを引くことくらいなもの。

ぶっちゃけやってないに等しいです。

 

ただですね。

そろそろやっておかないと、対象のPアイドル(限定のみ?)1人と交換可能なPアイドルセレクションチケットっていう便利アイテム、あれの期限が切れてしまうんですよね。

期限は今年の9月末までなので、もう2ヶ月ないです。

「2ヶ月もあるんだったら余裕では?」

と思われる方もいるかと思います。

がしかし、僕はシャニマスを現時点で全くプレイしていませんので、このキャラがナンバーワンだッ! と断言できるようなキャラがいないんですよ。

見た目だけならこの子いいなーとかってキャラはいます流石に。

ただやっぱ見た目は良くても性格が何かアレ、みたいなことってのが往々にして発生するのがリアルってものではないでしょうか(やってるのはゲーム)。

なのでやっぱりある程度はゲーム本体をやってみて色々と確かめた方がいいんじゃないかと。

僕はそう思ってまして。

というわけでやります、シャニマスを。

とりあえずW.I.N.Gのビギナーモードを1回だけプレイしてみました

で早速ですが、W.I.N.Gのビギナーモードを1回だけプレイしてみました。

プロデュースした子は後述。

ただアレなんですよね。

プレイしてはみたんですけど、なんと言いますか。

結構な時間がかかるゲームなんですね、シャニマス。

完全初見だったから仕方ないかもしれませんが、だいたい2~3時間くらいはやったような気がします。

思ってたよりもだいぶ長いですよこいつは。

30分~1時間もあれば終わるだろうと舐めてましたね。

ブラウザ版でやってるんですけど、これはスマホ版で寝っ転がってやるべきか?

 

ででちなみにプレイした結果ですけど、W.I.N.Gの準決勝敗退ッ! という結果に終わりました。

惨敗ッ!!

 

やってれば何かつかめてくるだろう、の行き当たりばったり戦法だったとは言え多分まぁまぁの結果なのではないでしょうか。

そう思いたい。

ビギナーとは言え初見優勝はだいぶ厳しい気がしました(小並感)。

プロデュースした子は大崎甜花ちゃんです!

で今回プロデュースさせてもらった子ですが、最初はあまり明るすぎず重すぎずということで大崎甜花ちゃんをチョイスしました。

彼女は絶対スカウトだと思ってました

 

このチョイスが合ってるかどうかは分かりません。

ただ妹さんの甘奈ちゃんは甜花ちゃんよりも重そうな雰囲気がある、そう僕の直感が告げていたのでこの選択は間違ってない、はず。

まぁでも距離感とか近すぎず遠すぎずで程よかった感あります。

この笑い方可愛いですよね

 

ちなみにですが、現時点で一番気になってる子は高身長元気小学生の小宮果穂ちゃんです。

ホーム画面にした時の元気な挨拶に心打たれましたよ僕は。

クッソかわいいいいいいいッッ!!

 

でで彼女の属するユニットの放課後クライマックスガールズ面々も気になってますね。

見た目だけなら樹里ちゃんとか心惹かれます。

でも彼女のPSSR持ってないんですよね~。

あとはあの、ノクチルとかストレイライトとかも少々。

正直見た目だけならシーズの緋田美琴さんとかが一番いいかなーとは思うんですけど、軽く調べた結果シーズの面々は特に話が重いとかなんとかって情報が目に入ってしまったので、一番最初にチョイスするのはどうなんだこれってことで今回は除外しました。

シャニマス面白ぇ!! ってなったら多分やるかもしれません。

とりあえず放課後クライマックスガールズの面々は半分くらいやる予定です。

ゲーム性に関してはあまり良い評判を聞かない理由がちょっとわかった気がします

シャニマスについて軽く調べてたりすると、キャラとかストーリーはいいみたいな話をよく目にする気がしますけども、ゲーム性部分とかはあまりいい評判を見かけないなと個人的には思ってまして。

で今回やってみた結果、ゲーム性部分がそんな評判良くない理由がちょっとわかった気がします。

いやまぁまだ1回しかやってないのでそんな何か色々言う資格はないと思いますが、アレはちょっとアレでアレでしたね。

目押し地味に辛いよ~。

チュートリアルだいぶ前だったので最初は何すればいいのかさっぱりでした

 

でで1回プレイしただけなのでアレですけど、多分シャニマスは基本的にオーディションでファンを大量獲得して、そこで次のステージにどんどん進んでいくって感じの内容になってると思うんですよね。

特に後半とかはレッスン系は一切やる暇なくて、もう毎週ずっとオーディションに参加して目押しばっかりしてた気がします。

ただあのオーディンションがね。

つまらないとは言いませんが楽しくもないんですよねアレ。

 

どのアピールするか選択して目押しする作業を繰り返すだけっぽいので、正直1回プレイしただけでも「あぁ、うん……」ってなりましたよ僕は。

この作業ずっと強制されるの地味に辛くないですか?

あとオーディションの終盤は目押しの幅が狭まる(調べたらメンタルの残り数値で狭まっていくらしい)のでその辺もちょっと辛いです。

ああなってくるともう、無理にPerfect狙わないで無難にいけるGood狙いでいいんですかね。

なんかもっとこう……レッスンとかでファンをバーッンと増やす手段はないんですか!?

多分ステータスは特化にした方がいい感じですかね?

で。

あとアレですかね。

ステータスは特化型に育成した方がいい感じっぽいですかね、多分。

最初は右も左も分からない、いや今も分かってないですけど、割りとバランス重視で育成しようとしたんですよね。

ダンスとビジュアルにも振ろうとした結果がこれさッ!

 

がしかし。

これは特化型にして一点集中で1人の審査員的な人を狙い撃ちにしてポイントバカスカ奪っていく方がいい、そんな感じがしなくもないです。

8週間×4という短い期間でバランスよく育てるのはかなり厳しそうな雰囲気あります。

 

とまぁ、そんなこんなで最初の育成は結構ミスった感あるんですよね。

甜花ちゃんは多分ヴィジュアルタイプなんですけど、オーディションがボーカルの数値推奨してたので、これはボーカル育てた方がいいのか? と思ってボーカル伸ばしたりとかしちゃったりしまして。

あのミスなかったらワンチャン準決勝突破くらいは……。

いやないですかね。

明らかにこっちのダメージと周りのダメージが倍くらい違ってたんですよね、W.I.N.Gの準決勝。

とりあえず次やる時は何か一つに特化した育成で攻めてみたいです。

次はもう現時点での大本命、小宮果穂ちゃんで臨みます

僕は基本的に楽しみは最後に取っておいて、最初はそこまででもないものから攻めたりするんですけど、今回はもう現時点での大本命小宮果穂ちゃんというカードをいきなり切ろうかと思ってます。

思ったよりプレイ時間が長いのでこれはもう出し惜しみをしてる場合じゃあありません。

ちまちま出し惜しんでたら多分本命行く前に飽きます、絶対に。

1人のキャラW.I.N.G優勝するのに話読みながらだったら、多分慣れても2時間弱くらいはかかりそうなのでもうやるっきゃねぇぜ!

頼むぞッ!!

 

あとは普通にサポートキャラのレベルもちゃーんと上げてから臨むのも重要でしょうね。

これがどのくらい影響するのかは知りませんけど、まぁ多分1回目よりは格段と楽にはなるでしょうきっと。

というわけで次は小宮果穂ちゃんでやってから、また感想とか書いていきます。

ではまた別の記事で。

以上。

ABOUT ME
だざき
アニメのこととかゲームのこととか趣味に関連する内容を主に書いてる趣味ブロガーです。たまに真面目な話も書いたり書かなかったり。